執筆活動、メディア出演・掲載

執筆活動、メディア出演・掲載のご紹介

<< 前のページ 1 2

精神科病院の"光と陰"

書籍・雑誌

2009/02/27(金)

長崎市医師会報 2001年10月号より

あの事件から・・・ 大阪教育大付属池田小学校での児童殺傷事件の犯人が精神科病院で治療歴があったことで、その後、我々精神医療の世界に様々な波紋を投げかけている。 確かに、どんな社会にも"光と陰"は共存す・・・[⇒続きを読む]

開かれた精神医療目指し

新聞

2009/02/27(金)

長崎新聞2008年1月14日 より

長崎市の市街地を見下ろす丘に立つ精神科病院、西脇病院(同市桜木町)が開設50周年を迎えた。医療水準の向上を目指して病床数を減らしたり、施設内をマスコミに公開するなど「最先端の精神科病院」ともいわれる・・・[⇒続きを読む]

偉大な善意

書籍・雑誌

2009/02/27(金)

ながさき総合文芸誌"ら・めいる"第28号より

久し振りに映画館に足を運んで映画を観た。それは、第二次世界大戦下のポーランドで1200人を超えるユダヤ人をナチスのホロコースト(大虐殺)から救った一人の男の物語である。 その男はドイツ人でナチス党員・・・[⇒続きを読む]

うつ病入院治療は何故ストレスケア病棟なのか(6)

学会・講演

2009/02/27(金)

第101回目日本精神神経学会総会シンポジウムより

ストレスケア病棟でうつ病治療を維持するために ストレスケア病棟でうつ病治療を維持するためには、次の三点が必要だと思う。 一番目は、病診連携もだが、総合病院などとの病病連携の下で、より広く一般医療機関に・・・[⇒続きを読む]

うつ病入院治療は何故ストレスケア病棟なのか(5)

学会・講演

2009/02/27(金)

第101回目日本精神神経学会総会シンポジウムより

では、当院におけるストレスケア病棟の疾患別入院患者数をみてみると、昨年一年間で実数294名(延べ334名)である。各主治医にICD-10分類に基づく診断を改めて依頼し、その結果が表3(実数のみ)であ・・・[⇒続きを読む]

<< 前のページ 1 2