執筆活動、メディア出演・掲載

執筆活動、メディア出演・掲載のご紹介

<< 前のページ 1 2

うつ病入院治療は何故ストレスケア病棟なのか(6)

学会・講演

2009/02/27(金)

第101回目日本精神神経学会総会シンポジウムより

ストレスケア病棟でうつ病治療を維持するために ストレスケア病棟でうつ病治療を維持するためには、次の三点が必要だと思う。 一番目は、病診連携もだが、総合病院などとの病病連携の下で、より広く一般医療機関に・・・[⇒続きを読む]

うつ病入院治療は何故ストレスケア病棟なのか(5)

学会・講演

2009/02/27(金)

第101回目日本精神神経学会総会シンポジウムより

では、当院におけるストレスケア病棟の疾患別入院患者数をみてみると、昨年一年間で実数294名(延べ334名)である。各主治医にICD-10分類に基づく診断を改めて依頼し、その結果が表3(実数のみ)であ・・・[⇒続きを読む]

うつ病入院治療は何故ストレスケア病棟なのか(4)

学会・講演

2009/02/27(金)

第101回目日本精神神経学会総会シンポジウムより

ストレスケア病棟の現状 新築の60床の急性期・重症病棟とストレスケア病棟、それに改築の60床と49床の二つの療養病棟で新たに病院運営を行うことになった。 ストレスケア病棟の60床は、もう少し小規模で運・・・[⇒続きを読む]

うつ病入院治療は何故ストレスケア病棟なのか(3)

学会・講演

2009/02/27(金)

第101回目日本精神神経学会総会シンポジウムより

区別するためのストレスケア病棟づくり 新改築後の病院運営の方針として、地域への利便性の確保、混在化から脱却するための機能分化、そして、さらなるダウンサイズとした。 つまり、統合失調症中心の入院施設から・・・[⇒続きを読む]

うつ病入院治療は何故ストレスケア病棟なのか(2)

学会・講演

2009/02/27(金)

第101回目日本精神神経学会総会シンポジウムより

西脇病院について 病院は坂の町長崎の小高い丘の中腹に位置し、長崎市の繁華街まで車で10分程度のところにある。昭和32年に56床で開設、昭和45年に定床260床とした後も、社会の「保護と収容」の要請に応・・・[⇒続きを読む]

<< 前のページ 1 2